東銀座の夏を風鈴で彩る「東銀座エリア 風鈴イベント2024」のお知らせ

東銀座の夏を風鈴で彩る「東銀座エリア 風鈴イベント2024」のお知らせ

開催中
2024.07.17-2024.08.18
  1. twitter リンク
  2. LINE リンク
日時 2024年07月17日(水) 10:00 ~ 2024年08月18日(日) 21:00
開催場所 銀座~築地エリアの路面飲食店約90店舗
銀座松竹スクエア 1F

この度、一般社団法人東銀座エリアマネジメント主催、東銀座まちづくり推進協議会共催、一般社団法人中央区観光協会協力による『東銀座エリア 風鈴イベント2024』を開催する運びとなりました。

日本では古来、疫病を避け魔除けを行うために鐘型の青銅の鈴である風鐸(ふうたく)を飾る風習がありました。その風習に因み、岩手県で親しまれる「南部鉄器風鈴」を用いて、銀座~築地エリアを中心とした周辺地域ご協力のもと、歌舞伎座や銀座松竹スクエア、築地本願寺などをはじめとする代表的なスポットや飲食店の軒下など約90か所に、約 500 個の風鈴を吊り下げます。
短冊部分のデザインには、中央区の歴史を感じさせる中央区三十七町の街並みとそれぞれの地域にちなんだ絵が描かれた『千社札』の図柄をあしらい、まち全体を彩ります。

また「南部鉄器風鈴」に加え、「銀座松竹スクエア 1階プラザ」では300年以上受け継がれる製法で制作され、東京都の伝統工芸品でもある「江戸風鈴」を用い、涼しげな空間を演出。その一部にはSDGsの取り組みの一環として清水建設株式会社ご提供による”間伐材から作られた木製の短冊” を使用し、木の香りもお楽しみいただけます。

さらに7月19日(金)~8月8日(木)の期間中、KPPグループホールディングス主催、一般社団法人東銀座エリアマネジメント共催、鳴海屋紙商事株式会社協力による「仙台七夕飾り 展示イベント」を同時開催いたします。本イベントは、昨年も実施し好評を得た「仙台七夕」とのコラボレーションで、銀座松竹スクエア内に、全長約6メートルに及ぶ巨大な「吹き流し」や、中央区の子供たちの願いが込められた短冊を結び付け、仙台七夕の七つ飾りをあしらった「笹飾り」を展示いたします。
「仙台七夕」は伊達政宗公の時代から続く伝統行事で、日本一のスケールを誇る七夕まつりとして毎年、約200万人が訪れる、東北を代表する夏祭りのひとつです。さらにご来場者の方にも願いを書いていただける短冊もご用意いたします。猛暑が予想される夏、風鈴の涼しげな音色とともに涼と癒しのひとときをお楽しみください。

昨年(2023年)の展示の様子

◆「東銀座エリア 風鈴イベント2024」〈7月17日(水)~8月18日(日)〉
場所:晴海通り沿い各路面店舗の軒先・木挽町通り各店舗の軒先・銀座松竹スクエア外構・歌舞伎座タワー外構・東劇ビル入り口・築地本願寺外構・築地KYビル外構
主催:一般社団法人東銀座エリアマネジメント
共催:東銀座まちづくり推進協議会
協力:一般社団法人中央区観光協会

【本件に関するお問合せ先】
一般社団法人東銀座エリアマネジメント(higashiginza_erimane@shochiku.co.jp)