仮囲いアート『SOCIAL ART MUSEUM』

仮囲いアート『SOCIAL ART MUSEUM』

2021.11.17
東銀座のまち
  1. twitter リンク
  2. LINE リンク

 東銀座エリアマネジメントでは、『SOCIAL ART MUSEUM』と題した仮囲いアート企画第2弾を実施いたしました!
 今回企画を実施する場所は、三井不動産株式会が所有する築地四丁目 解体工事現場の工事用仮囲いとなります。

 当企画では、築地という土地柄から“魚”にテーマを置き、福祉を起点に新たな文化の創出を目指す株式会社ヘラルボニーとライセンス契約を結ぶ日本全国の、主に知的障害のある作家が描く“異彩”を放つアート作品群を展示いたします。

 そして同地域という観点から、当作品を、歌舞伎座にすむ“かぶきにゃんたろう”が紹介してくれています!
 実際にお近くをお通りの際は、 少し足を止めて頂いて、作品ごとに異なる表情で紹介をしてくれるかぶきにゃんたろうと一緒に、様々な魚のアートをお楽しみください!

設置箇所:京橋郵便局から築地側に信号を渡って頂いた右手側

『SOCIAL ART MUSEUM』(2021 年 11 月 15 日~終了日未定)
展示場所:築地四丁目 解体工事現場仮囲い(東京都中央区築地 4 丁目 7-1)
主催:三井不動産株式会社、東銀座エリアマネジメントプロジェクト(松竹株式会社)
協力・監修: 株式会社ヘラルボニー